弁護士法人 東海総合 | 名古屋

弁護士コラム

弁護士法人 東海総合は、弁護士・税理士・社会保険労務士・行政書士が在籍し、その総合力で皆様のニーズにお応え致します。

2014/12/18
社外取締役に弁護士を選任しませんか?

 中小企業経営者においては、社外取締役なんか必要ないとお考えの方が多いとは思いますが、社外取締役の選任義務付けについて、昨今、盛んに議論がなされております。
 現在、会社法上は社外取締役を選任することは義務付けされておりませんが、上場企業においては社外監査役を選任している企業が増加している状況で、6割を超えているようです。
 また、今年6月には、①社外取締役・社外監査役の要件の見直し、②(有価証券報告書を提出しなければならない株式会社において)社外取締役を置いていない場合の理由の開示などに関し、会社法の一部を改正する法律が成立し、一層、社外取締役を選任する企業が増加してくるのではないかと考えられます。
 ただ、社外取締役を選任するとしても、誰にお願いすればいいのかわからないし、また適任となる候補者もいないということが問題となると思います。
 そこで、ご提案です。
 当事務所の弁護士が、あなたの会社の社外取締役として、法律の専門家である弁護士としての豊富な経験と知識、そして長年の実績を生かし、コンプライアンスの観点から会社の経営全般に対して提言をさせて頂きます。
 上場企業などの大会社はもちろんのこと、中小企業経営者においても、社外取締役を選任することは、近年多発する企業不祥事を未然に防ぎ、健全経営を行って業績を伸ばしていくという意味でも非常に有効な方法です。
 さあ、あなたの会社でも社外取締役を選任し、経営の最先端を走って業績を伸ばしてみませんか?

 詳細をお知りになりたい方は、当事務所へお電話ください。

初回30分無料相談実施中!

当事務所は、弁護士・税理士・社会保険労務士・行政書士が在籍する総合事務所です。
個人のお客様、企業のお客様の様々なお悩みに柔軟に対応可能。
初回は30無料相談なので、お気軽にご相談下さい!

【対応エリア】

名古屋を中心に愛知・岐阜・三重の東海三県およびその近郊