遺留分ってなに?

遺留分とは、相続人のために、最低限度確保される遺産の一部分のことです

つまり、遺留分によって被相続人が自分以外の相続人もしくは相続人でない第三者に相続させる内容の遺言を作成していても、遺産を最低限度確保することができることになります。

逆に被相続人の立場からみると、ある相続人に相続させない内容の遺言を作成しても、その相続人が遺産を相続してしまう可能性があることになります。

遺言書によって相続ができなくて悩んでいる方 〜遺留分減殺請求〜

遺留分減殺請求

遺留分を有する相続人は、遺留分を保全するのに必要な限度で、被相続人がなした生前の贈与や遺言による贈与(遺贈)の履行を拒絶し、さらに既に給付された財産の返還を請求することができ、この請求をすることを遺留分減殺請求といいます。

その方法は、自己の遺留分を侵害する贈与や遺贈を受けた相手方に対して意思表示をすればよいことになっています。

相手方がこれに応じない場合は、家庭裁判所の調停などを利用して請求することになります

遺言書通りに相続を行いたくて悩んでいる方 〜遺留分の放棄〜

遺留分の放棄

相続人の中には、遺留分を有する人がありますので、その人が遺留分減殺請求権を行使すると、遺贈や贈与については、遺留分の減殺請求をされる場合があります。したがって、遺言書を作成する場合は、必ずしも遺言書に記載したとおりに、遺言書で記載した人に取得されない場合があることに注意して遺言書を作成する必要があります

ある相続人に相続させない内容の遺言を作成したい場合、その相続人に生前に遺留分を放棄してもらう方法や、それができなかった場合には、遺言者の思いとして、遺留分を放棄して欲しい希望とかその事情等を遺言書に記載しておくという方法があります。

事例紹介

トピックス