父親の愛人に対してなした、妻と子供の遺留分減殺請求の事例

更新日:2013/01/29

夫が妻とその子供との婚姻生活に見切りをつけて自らが所有し、家族と生活をしていた家を出て行き、親しくなった女性(愛人)と生活を始めた。妻は、夫と正式に離婚をしようと交渉していたところ、なかなか養育費や財産分与について合意に至らず、数年が経過したところで、夫が死亡した。妻とその子供は、夫の相続人として夫の愛人に対して夫が残した預貯金などの遺産の引き渡しを請求したところ、夫が愛人に全ての財産を相続させる内容の遺言を作成している事実が判明し、逆に、夫が所有する家の引き渡しなどを求められてしまった。

そこで、妻とその子供は、夫の愛人に対し遺留分減殺請求をなし、交渉によりこれまで居住してきた家を取得する内容で合意に至った。