遺言書通りに 相続を行いたくて悩んでいる方

生前に遺留分の放棄をお願いすることで、
相続をスムーズに 進めることができます。

遺留分の放棄

生前の遺留分放棄の手続きは?

兄弟姉妹以外の相続人には遺留分があり、遺言や贈与である人に財産を取得させようとしても、すべてが必ずしも認められるわけではありません。そこで、遺言書を作成する場合は、遺言書を作成するとともに、生前に、遺言書で財産を取得させない相続人に、遺留分程度以上の財産を贈与する代わりにその相続人に遺留分を放棄する旨、家庭裁判所で許可の審判を受けてもらうという方法があります。

これによって、相続開始後の紛争を避けることもできますし、特に、事業等を円滑に承継させることができます。
但し、裁判所において、遺留分の放棄が自由意思に基づくものか、放棄理由に合理性、必要性ないし代償性が存在するかなど審査され、必ず放棄が認められるものではないので、専門家に相談することをお勧めします。

相続開始後の遺留分放棄について

相続人が生前の遺留分放棄をしなかった場合、相続開始後に遺留分を放棄するかどうかは、遺留分権者たる相続人の自由で、家庭裁判所の手続も必要ありません。また、相続開始後の遺留分の放棄は、遺留分権利者たる相続人の自由ですので、遺言書に記載しても法的な効果はありません。

しかし、遺言書を作成する方が相続人に遺留分の放棄を希望する場合は、遺言者の思いとして、遺留分を放棄して欲しい希望とかその事情等を遺言書に記載しておくと、相続人の方の理解が得られる場合もあると思いますので、記載しておくことをお勧めします。